1歳半の子供が家で転倒してケガ。上海ユナイテッドファミリー病院の急診を受けました。

週末の午前中。

朝食後、いつものように六斤に宿題をさせていました。

阿信
いつも週末は殺人的に宿題が多いのですが、来週中間テストがあるということで宿題の量も多かった

私が六斤の宿題をダイニングで見ている間、豆豆はいつものようにリビングで遊んでました。

こんな感じです。

いつもの週末の午前中のはずだった

リビングとダイニングの間には柵があって豆豆は行き来できません。

私が六斤の宿題を見ている間、豆豆はリビングで一人遊び。ありがたいことに豆豆はよく一人遊びをしてくれます。

歩けるとはいえ、まだ足取りもおぼつかない1歳半の豆豆。

トコトコ歩いているうちに転んだりどこかにぶつけたりはいつものことでした。

それが、この日は大変なことになってしまったのです!

六斤の宿題を見ていたのでその瞬間を見ていなかったのですが、

ぶつかる音とともに大泣きの声

ゴツン

という音とともに豆豆ローテーブルの横で倒れてx大泣き。

あー!転んでローテーブルに頭をぶつけたな!

慌てて駆け寄りました。

頭を打ったことは分かりました。豆豆の痛がり方から額を打ったかな?と思って額を注目していたらそれほど赤くなっていなかったので、

ああ、よかった、このまま抱っこして痛いのがおさまるのを待とう・・・と抱っこしました。

そしたら

頭を支えている腕に血がべっとりとつきました

え?

豆豆の耳の裏から出血している!

これはまずい!

六斤に引き出しからガーゼ持ってきて!と言い、ガーゼを当てて止血。

1歳半の豆豆はじっとしてと言ってもじっとするはずありません。

痛がってそれはそれは大泣きしますし、耳を触られたくないので暴れます。

傷の状況から言うと、普通のちょっとした切り傷ではないと感じました。

そして、耳のケガよりも、側頭部を打っている事で、頭は大丈夫なのかが非常に心配になりました。

これは病院に行かないと・・・

ウェルビーにまず電話

ウェルビー(医療情報サービス会社)に電話をしました。

事情を話したところ、「会員番号を教えて下さい」と言われました。「いつもこの携帯番号で会員情報を検索してくれていますが」と答えると

「お客様は既に退会されていますが」と。

ええーっ!!

阿財が退職した会社が私たちのウェルビーに入会手続きをしてはいましたが、「一部補助」と聞いていましたし、メンバーシップの更新をして日がそれほど経っていなかったため、阿財が会社にウェルビーの残りの会員費を払って、個人的に継続する手続きをしていたとばかり思っていました。

「そうでしたか。退会しているとは知らずに・・・すみません。」と。

でもウェルビーの人は状況を察してくれ、親切に外科の対応ができる日系クリニックを教えてくれました。感謝です・・・。

電話を切って、教えてもらった病院へ行くことも考えたのですが、

もし頭部の検査が必要だったら日系クリニックでは対応できないかも。と思いました。

初診でユナイテッドファミリー病院へ行くことにした

阿財にも連絡して、いろいろ情報収集した結果、総合病院で入院設備もあるユナイテッドファミリー病院へ行くことにしました。

今回初診です。

まずは病院HPから日本語対応の連絡先を見つけ、そこへ連絡。

ユナイテッドファミリー病院データ
上海市長寧区仙霞路1139号
ペイシェントサービス部: (021) 2216 3972 (日本語)
予約専用ダイヤル: 400 639 3900 (中国語/英語)

日本語が堪能な方が出てくれ、「ではこれから受診します」という運びに。受診者のパスポートを持参するよう言われました。

こうして急きょ病院へ行きました。

泣き虫六斤の涙。子ども二人のフォローに大わらわ

六斤、いつもこの日はテコンドーのレッスンがあり、もうすぐ行かなきゃいけない、という時間だったのですが、こんな状況では六斤を休ませて病院へ連れて行くしかありません。

既に六斤は豆豆の状況を見て、豆豆が泣き止んでも心配で泣いています。

正直、私もこの時泣きそうでしたが、ここで泣いてもどうしようもないです。私の涙で六斤を混乱させてもいけない。「六斤、しっかりして!豆豆は大丈夫だから」と六斤を慰めつつ、豆豆も介抱しないといけません。

タクシー呼び出しアプリ「滴滴打車」でタクシーを呼び、マンション階下まで来てもらいました。

↑タクシー呼び出しアプリ「滴滴打车」

豆豆は既に泣き止み、血も止まっています。タクシーが着く頃はまた遊びだしてもいました。とりあえずは深刻な心配はなさそう・・・。

タクシーに乗り込んだものの、今回の運転手、私に何も聞かずに高架に乗るし、しかも我が家から高架に行くまでの道がまた混むんです!そして高架に乗ったら乗ったで渋滞。

日もサンサンと差し込む車内で豆豆寝ちゃいました。頭を強く打ってのこん睡状態とかではなく、顔色も普通にいいし、呼吸も苦しそうではないので昼寝の延長だと思いますが、こういう時は寝込まれても心配にさせられます。

高架降りても、通行止めがあったり病院につくまでまた渋滞はまってえらい時間がかかりました。三半規管が弱い私は車酔い・・・

ついに病院到着

ユナイテッドファミリー病院に着き、初診の為に受付でパスポート等を見せて登録。このユナイテッドファミリー病院、アメリカ系の病院と聞いていたのですが、聞きしに勝る、見た目欧米人の患者さんばあかり、受付の人も流暢な英語を話します。

既に一度電話をしたのですが、と状況を説明すると「急診」へ通してくれました。

そこで最初に体重測定や検温、これまでの病歴や予防接種の状況など簡単な事前確認をし、診察室へ通され医師を待ちます。

診察開始

最初に来たのは若い医師A。私と話すなり「中国語は大丈夫ですか?」と。

ハッ。日本語通訳さん・・・この病院にはいるはずよね??

と思うも、私も今のところ理解できている中国語だったので「まぁ、大丈夫だと思います」と。

再度ケガの時の状況確認。耳の中の確認を念入りにしていました。他に頭に目立った外傷がないかや、瞳孔の確認も。もっとも目に光を当てたらそのままギュッとつぶるのでまともに見せてくれませんでしたが。

この医師Aの見立てでは

・耳の傷は縫うことが必要

・豆豆の現在の状態や私の話を聞いて頭の検査は不要

・耳の軟骨に異常があるかもしれないのでまた医師を呼ぶ

とのことでした。

また診察室で待っていると先ほどの医師が年配の医師Bを連れて来て豆豆の傷を確認

AB医師間の会話は英語でした!

すっごーい。さすがユナイテッドファミリー病院。

最初の医師Aと見立ては同じでした。

二人の医師は「縫いたいけれど、小さすぎてじっとしてることもできないだろうからそこをどうしようか・・・」と話しています。

耳を縫う事になった

私「どうしても縫う事が必要ですか?」と尋ねると

医師A「必要。この傷は開いているから。」

私「縫わないとどのような事が心配されますか?」

医師A「感染症の心配があります。また傷口が自然にふさがるのを待つので傷跡がきれいに残らない恐れがあります」

私「そうですか・・・・」

軟骨の状態を確認する医師が来るまで待つことになりました。

豆豆、既に私の抱っこで静かに待つことはできない状態。傷口を拭いてもらったとはいえ、そのまま急診フロアをウロウロして遊んでいました。よくそんな元気あるなー。

その後もう一人の医師Cが来て豆豆の状況を見ました。

医師C「ああ、これは縫わないとだめだね。軟骨は異常なさそう。」

これ以上のひどい傷はないと判りとりあえずホッとしました。

そしてどうやって豆豆をじっとさせて縫うのかの話になったのですが、医師Cは「3針なんてすぐ終わるから麻酔なしで縫おう」と言い出しました。

私びっくり。これ以上豆豆に痛い思いさせたくない。

私「局部麻酔じゃだめですか?」

医師C「麻酔によるリスクもありますよ。大した大きさの傷じゃないからなしで大丈夫ですよ。」

しぶられましたが、局部麻酔をする、という話になり承諾書にサイン。

縫合処置開始

サインし終わるころには手筈が整えられ、ナースも数人やってきました。

診察室で縫います。医師はAと医師Cが来ました。

まず豆豆が動かないようにシーツで赤ちゃんのおくるみ状態でくるみます。

豆豆「ママ―」と泣き出しました。

医師A「お母さん、息子さんの顔が見えるところでいてあげてください。」

と言われ、豆豆の顔が見える場所へ。

その間あの、緑色で穴が開いている手術の時に使う布などがてきぱきと豆豆にかけられ・・・。

耳の消毒が始まると豆豆大泣き。すると医師Aが

「お母さん、ケータイで息子さんが好きなアニメなど動画を流してあげてください」

えっ??

私、ケータイで動画見ないし、豆豆に見せたことがこれまでない。

動画のアプリすらケータイに入っていません。

ええっと・・・豆豆が好きなのは「いないいないばぁ」の日本語版だよな・・・と百度で調べましたが、豆豆の泣き声もあるし、もう気が散っちゃって全然うまく検索できない。

検索に手間取っているうちに豆豆の泣き声が一段と大きくなりました。え?縫うのもう始まった??見ると縫い始めています。

わぁ!もう始まってる!

相変わらず動画は探せません。こっちもアワアワ。

豆豆泣いて暴れるのでナース2人がかりで抑えていてもおくるみがほどけそうになり、「わぁ、この子力強い!」とナースたちもびっくり。

医師Cは手際よく3針縫いました。

医師C「はい終わり」

出た血をぬぐい、傷を消毒してばんそうこうを貼りました。

結局麻酔なしだった

医師C「麻酔打たなかったわ」

ぎゃー。動画を探しているスキにやられたわ。でも確かに数分のことだったわ。しかし豆豆、さぞかし痛かったろうに・・・涙

時間はもうお昼も過ぎていました。診察室の前の看板に「無料でジュースとパンを提供しますのでスタッフまで言ってください」と書いてあり、私はどうでもいいものの、六斤のお腹が気になるのでお願いしておいていました。

処置が終わって診察室を出ると、スタッフが「はい、パン」とトーストをくれました。

待合室のソファでTVを見ている六斤に「パンあるよ」と言って呼び、豆豆にもパンをあげました。豆豆、食欲はよくある子なので、すぐに食べてました。ホッ。

再度、医師Aから書類サインを求められ、その後、傷のケアの話、再診の予約、薬の受け取りなどして病院を出たのが午後13時過ぎ。

ユナイテッドファミリーは薬の受け取り前に対面にある会計窓口で会計を済ませて、会計済の印をもらったら初めて薬を受け取れます。

帰りのタクシーも「滴滴打車」で呼びました。ほんと楽ちんです。

夕方から六斤の絵の教室がありましたが、豆豆を連れて送迎する気力も体力もないのでお休みさせてもらいました。

帰宅後、六斤はまた宿題再開。いつになったら終わるんだろうか・・・。

そもそも何でそんなケガになったのか

これが豆豆がケガをしたローテーブルの箇所です。強化ガラス製。四隅の角は丸くはなっているのですが。テーブル周囲は切りっぱなしの直角です。

豆豆がリビングで過ごす時間が長くなるにつれ、危ないなと思い、周りに衝突ショック緩和のゴムを貼っておきました。

ただ…最近豆豆が引っ張ったりしてところどころはがれていました。それでも8割くらいゴムが残っていたため、「まさかこのはがれているところにたまたまぶつける確率は少ないだろう」と思ってしまっていました。

豆豆、ティッシュ引き裂きマイブーム中のため、床が汚くてすみません^^;

それが大きな間違いだったのです。子どもの動きは大人の予想をはるかに超えます。

私の油断で豆豆にはかわいそうな事をしてしまいました。もちろん、早急にテーブル周囲のゴム貼りをしっかりし、ほかにも子どもが不注意の行動でケガをしそうな場所の見直しをして安全対策を徹底します。

例えば、コンセントプラグ。六斤が赤ちゃんの時はついぞ触るそぶりもなかったのですが、豆豆は興味しんしんで触ろうとしている時もあります。

ふと気づけばテレビ台の上によじのぼり、ピアノにも上ろうとし、イスというイスは片付け、囲えるものは囲っている我が家ですがまだまだ対策が必要でした。

友人には「このリビングずいぶんがらんとしてるね!」と言われてますが、もう豆豆のおもちゃ以外は基本置けません。犬のこともいじめるので完全隔離です。友人曰く豆豆はやんちゃ度合いがちょっと大きいらしいです^^;

豆豆が話がわかるまでの辛抱ですね。「不注意一秒、後悔一生」になりたくないので、しっかり見直し&対策をしていきます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

おまけ:上海在住日本人にとってはユナイテッドファミリーは出産で有名

上海の浦西エリア(西側エリア)に住む日本人にとってユナイテッドファミリー病院は安心してお産に臨める病院として有名です。そして値段がめっちゃ高くても有名。

今回病院でもらったパンフレットによると、

現在ある出産パッケージと値段は

①普通分娩(入院2晩) 58,000元 (996,007円)

②普通分娩(入院3晩)65,000元 (1,116,214円)

③帝王切開(入院4晩) 98,000元 (1,682,908円)

④帝王切開(入院5晩) 108,000元  (1,854,634円)

でした。わー。すごいです・・・。補助が出る会社に旦那さんがお勤めかよほどのお金持ちでないと無理ですね。

日本の健康保険に加入している場合、海外の出産であっても40~43万円の出産一時金の補助が出ますので、忘れずに申請しましょう。

阿信
しかもこのレート計算している時に知ったのですが、今日の人民元レート17.1円。また人民元高くなってますね・・・

ちなみに国際和平で私が豆豆を出産したときの費用は↓に詳しいですが

上海国際和平病院お産入院記録三日目・退院
2泊3日のお産入院最終日。 本当にあっという間です!午前中に退院します。 お産入院三日目退院日の朝 6:00 ナー

合計で32,454元(554,963円)でした。私、和平でも十分満足なお産でしたが、ユナイテッドファミリーでお産の場合はどんななんでしょう?さぞかし快適なんでしょうね。

ユナイテッドファミリー産科には微信(Wechat)公式サイトもあり、微信IDはSHUOBGYNです。

2016年中に出産するとベビーシートや写真スタジオの無料撮影券などプレゼントもあるみたいです。

こんな記事もどうぞ!

最新の国際和平の様子はこちら

友人が上海で出産!お見舞いで国際和平に行ってきました。
日本人が上海で出産するという話になると挙がるのが「国際和平」の名。友人がこのたび国際和平で出産したのでお見舞いに行ってきました。私も1年半前に出産しその時のことを今振り返ってみます。

遊びながら寝ちゃうこともあるけれど、まだまだ豆豆は寝かしつけも必要なのよね・・・現在かなり腕肩コリコリです。

赤ちゃんの寝かしつけに困ったらこの本!中国からでも電子書籍で読めます。
阿財&六斤お出かけ~。 ヤレヤレと・・・ あと残すは豆豆が静かになってくれればパーフェクト。私の自由時間到来。 豆豆は六斤

今年から手足口病は中国の義務の予防接種になったみたいですね。

中国には手足口病の予防接種がある。子供に打つことにしました。
上海生まれの豆豆の予防接種は中国式で進めています。 中国式でわが子に予防接種する理由 理由1:その国で義務付けられている予防接種には理由

この記事の豆豆を見て「はぁ~小さい・・・」と思いました。

中国の赤ちゃんが被る帽子。その意味と種類は?
赤ちゃん連れて中国の街中を歩いている人は誰しも経験することが 見ず知らずの人が赤ちゃんに「靴下を履かせよ」「帽子をかぶせよ」「来ている

別サイト「中国生活便利帳」の記事も更新しましたよ!最新記事は赴任直後に中国現地スーパーで買うべきものの紹介です。

中国上海生活の基盤づくり!主婦目線でお届けする中国現地スーパーお買い物品リスト - 中国生活便利帳
皆さん、こんにちは!今日は上海に赴任早々に買い揃えたい生活用品をご紹介します。 今日の記事は、上海市内の大型スーパーの中では輸入品の取扱い最も豊富で上海在住日本人利用者も多いカルフール古北店を参考に書きました。 他の大型...

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら