家庭教師の贈り物で私のスマホが死んだ

嫌なお土産をくれるシリーズでお馴染みの六斤家庭教師

また想像の斜め上行くものを・・・
六斤の家庭教師の話。どんな人かは過去ブログをどうぞ→★ 毎回お土産を持ってきてくれるので六斤ワクワク。 大抵の定番は裏紙。こない
六斤の家庭教師その②~「??」なお土産
家庭教師の先生が来てから学業がV字回復した六斤。 その報告をすると先生も喜んでくれました。春節前には「色んな生徒を見てきたけれど、こん

またしてもやってくれましたよ~。

一時帰国でもネットにつなげば微信(チャットアプリ)は使えるので中国スマホを持ってきていました。

このスマホ、購入は2016年のお正月でした

やっぱ中国ではアンドロイドケータイの方が面白い
一人だとケーキがなかなか減らないなぁー(過去ブログ→★)。いや、これ家族いても阿財甘いもの食べないし、六斤も飽きて食べないだろう・・・・

1年半の使用なのですが

私の使用方法がとにかくメモリーを食うのか、購入後1年くらいたってから程度は軽いもののフリーズが目立つように。

そのフリーズの原因・・・メモリーを食う原因がですね、

家庭教師が毎日せっせと送ってくる情報!!

最初の頃は「六斤の先生だし目上の人だし」とまともに対応して書き込みに対して雑感を書いていたのですが

そうすると嬉しくなったのかまたどんどん送ってきてですね。

大体1日20件くらい送ってきます。

家庭教師が目覚めた朝6時頃から送信が始まります。寝つきが遅くて深夜0時以降に贈られてくることもしばしば。

情報の内容は自分で打ったメッセージでなく、微信の中の企業や個人が書いている情報の転送。幹部の汚職摘発の話、老人世代の健康の話、絵画鑑賞の話、上海市政府の発表、人生訓、仏教や道教の話など多岐にわたっています。ちょっと面白いと思ったものはとにかく私に送ってくる感じです。家庭教師は自分が所属する合唱サークルのお知らせや教え子が作っているページの紹介なども

中国語の勉強になるかなと1度まともに読んでいたらそれだけで六斤のお迎えの時間になりました。私も暇ね・・・

あんまり送られてくる件数が多いので当然ながらお知らせ音は切っています。

で、私が他の用事で微信を使いたくてもフリーズする。

微信、家庭教師とのやり取りだけでなく、阿財や日本の実家、友人、六斤の小学校など

家庭教師どころじゃない私の中のVIP格の人ともつながっています。

大事な人たちとの連絡に使いたいときに微信やスマホがフリーズするうぎゃー

7月に入ってすぐ、日本へ行く直前に日本とのやり取りで日本の携帯電話を使うシーンがちょこちょこあり、あ、そうだ、日本の電話番号で微信新アカウント作ってそこに家庭教師の情報を送ってもらえばいいんだ。と思いつきました。ちょうどその時に中国語学習の徹底ペーパーレス化をしていて、その一環で友人から中古iPhoneを買い取って中国語学習専用機にしていたのでそっちへ送っちゃえばいい、と。

新アカウントを作り、家庭教師に「これから新アカウントでお願いします」とIDお知らせ。

案の定、家庭教師自分ではアカウント登録できず。前も私を微信に加える際も私がしたので想定の範囲内でしたが。

その後我が家に来たので私が設定。私の以前のアカウントは彼の微信内で徹底削除しました。

これでスーーッキリ!!

そうは知らない家庭教師、相変わらずせっせと新アカウントに情報を送ってきます。

ちょっと目を離している隙にたくさんの情報が来てるよ~あはは

ある程度溜まったらざざーっと全削除しています。

日本に行った後はとにかく無視していたら情報発信はパタリと止みました。

しかし今は阿財と微信がつながり、阿財にせっせと送っているようです。特に私だから送っているわけではなく、単に自分に構ってくれる人が欲しい模様。

そしてなぜかちょうど私たちが日本に行った直後くらいでもう家庭教師から大量のデータは送られて来ず、データ負荷がほぼなくなった筈の私のスマホがフリーズの頻発を起こし、遂に使えない状態になってしまいました。

iPadで中国アカウントの微信を受信できるようにしたので特に大きな不自由はないのですが、

やーらーれーたー。

こう、なんとういうか、家庭教師は自分のフトコロが痛まない範囲で送ってくるものがこちらに実害をもたらしていると思うと正直ムカムカしますが、あまり考えないようにします。

中国戻ったら初期化してみるかな・・・トホホ。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら