上海で獣医に往診してもらう | 老同志は中国人

上海で獣医に往診してもらう

※ワンコの粗相のことが書いてあります。お食事中の方、気になる方は読み進めないことをお勧めします。

さわやかな朝のリビングに漂うニオイ・・・

今朝の事・・・起きたら散歩に行くのが犬飼いのつとめ。
いつものようにリビングのポンのところへ向かうと

んん??匂う!!

これは昨日のドリアン?

齢38にして「重い」と感じた朝ごはん
私、朝食から焼肉やステーキでも全然かまわないくらい朝食しっかり食べてOK、ホテルの朝食バイキングも胃袋の限界まで目いっぱい食べる派なのですが、この私が「こ、これは・・・重い」と感じる朝食に出くわしました。

でもドリアンにしてはくさすぎる!

ぎゃー床にウ〇チが飛び散ってるーーーー。おしっこもーーー

1歳になったポン。大分落ち着いていて最近こんなことなかったのでびっくり仰天。

色々考えます。
昨夜は寝る前にも阿財がポンを散歩に連れ出していたし、私が起きた時間が特に遅いわけでもない・・・我慢できなくてもらしたわけでもなさそう??

便の状況をじっくり見ると・・・あー、これゲリピーだわ。しかもちょっとこれ血?薄いけれど血がにじんでるじゃないの!ぎゃー、ポンどうしたの!!

ポンは弱弱しく尻尾を振ってこちらにゆっくりと寄ってきます。

おーおー、お腹壊しちゃったのね・・・病気になっちゃったんだねぇ。

ちょっと待っててね・・・ここ、掃除しないと!

とばかりに掃除開始。20分ほどかかって雑巾で床の仕上げ拭き上げまでたどり着きました。

↑この状態になるまで苦労しました・・・。

その後散歩に連れて行ったのですが

やっぱりゲリピー・・・ もはや水

これまで病気らしい病気はしたことないポン、すごい心配に。

犬の下痢の対処

帰宅後犬の下痢について調べると

まずは絶食。犬は数日食べなくても大丈夫。

とあったので、それに従う事に。※水は与えます。

阿財や六斤も起きてきて「へー、下痢!そうだったの!」とかのんきな事言ってますが、片付け大変だったんだよー。

とりあえず絶食にはしましたが、果たして何か悪い病気にかかっていやしないかと心配に。
その後また床に粗相してしまい、私の心配度はMAX。

犬小屋の中にも吐いたものがあって掃除&水洗いした為犬小屋なしに。吐いたりゲリピーの時に使えたらとトイレを置いたらその中で休んでます。

往診可の獣医が上海にいます

獣医に連れて行きたいけれど・・・そうだ王先生に往診をお願いしよう。
以前ポンの去勢手術をしてくれた台湾人の先生で、主に往診でペットを診てくれるのです。
私の様に、赤ちゃん連れ、自家用車なしの家庭にはありがたい。
日頃ポンの健康状態で気になる事も尋ねてます。

微信で事情を話すとやはり「まずは私が来るまで絶食!」と。
午後に先生が来てくれました。先生が来るとポンは毎回うれションします。
何回も会ったわけでもないしたくさん遊んだわけでものに不思議。

聴診器をあてて診察・・・

診断結果:何か良くない物を食べたことによる消化不良。

とのことでした。程度は「重症ではない」と。よかった。

王先生、日本語少し話せます。日本語の本で症状を解説してくれます。血が心配だったのですが、腸の炎症からの出血でそう慌てることはない、と。

注射を打ちました。

先生からは、

・これから3日間位絶食しても問題ない。
・嘔吐や下痢の症状がなくなったらドッグフードをふやかしたものを通常量の5分の1与えることから食事スタート。
・3日もすれば症状は治まるだろう。

とのことでした。

注射の後王先生から「早くよくなるんだよ。もう変な物食べないで・・・ブツブツブツ」とおまじないされていました。

診察料は交通費込で350元。

先生が帰った後、アイが「こないだのペットホテルといい、最近犬にずいぶんお金使っているわね!」と言われました。
アイのお給料より高かったので結構チクチク言われます。あーもう。人の家のお金の使い道なんてどーでもいいじゃない 笑

まるで犬のリゾート!?日本への一時帰国。上海のペットホテルに飼い犬を一か月預けることに
我が家の飼い犬、その名もポン(六斤命名) 本当は今回の一時帰国でポンも一緒に日本に来るはずだったんですよ。 でも、

中国では犬が家に来ることは風水的にいいらしい

阿財は「犬が家に来るとその家の運気が旺盛になる(犬の鳴き声「ワンワン」の表記が旺のことからのゲン担ぎ)。ポンは我が家の守り神です。」と言っているんです。
阿財的には「わざわざ買いにいったのでなく、犬の方から我が家に来る(マンションの下で拾ったのですが)のは最高にいい!」と。

ブラック企業から脱出を図っている今、守り神にダウンされては我が家の一大事。頼むよ~ポン大明神。

3週間休みなし!超絶ブラックやん・・・
本日、日本はGW明けの出勤日ですね。 日本のニュースを見ていたら、「今年のGWは休暇をやりくりすれば最大9連休v(^-^)v」と言って
ブラック企業にほとほと愛想が尽きた
阿財の会社。仕事が多忙過ぎて中国に来てから帰省以外の旅行にも行ったことがない。 ※蘇州とか杭州

トイレを置いてみたものの、ポンは家の外でトイレをする習慣なのでそこは変えられず。
がまんするのもつらかろうと数時間おきにトイレ散歩に連れて行ったら、何度か同じ人に会ってしまい、「あなたよく犬の面倒見るのね!」とほめられました。笑

一番嫌なのは家族の体調不良ですが、飼い犬の体調不良も嫌ですね!早く良くなって欲しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら

『上海で獣医に往診してもらう』へのコメント

  1. 名前:ree 投稿日:2017/08/18(金) 00:22:00 ID:658ee5295 返信

    うちも2週間くらい前かな、あったんですよ。
    COCOが・・・大きい子だから量もすごく、その上乾いてる部分もあったので、掃除するのが大変でした。

    軽い症状でよかったですね~。
    早く元気になりますように。

    ドリアンってそんなに高いんですね。
    私は匂いも未経験です。

    • 名前:axin 投稿日:2017/08/18(金) 16:23:07 ID:344e2d46c 返信

      reeさんもそうだったのですね。大型犬ですと量も多いですよね。掃除お疲れさまです。
      体調不良の時にはワンコを叱るわけにいきませんし。
      何か思い病気でなかったのが幸いでした。

      ドリアン高いですよ~。大抵輸入する関係で。高いし美味しいと思えないし、失敗買い物ですね。
      一生知る必要のない匂いです。まだ冷蔵庫の中残り香があります・・・。