命の次に大事なものを失くした男

海外生活をする者にとってなくてはならないもの・・・

それは

パスポート

パスポートがないと外国へも行けない

私たちのような、外国に長期滞在する外国人はビザが貼られますし

それはそれは大切な大切な身分を証明するもの

そんな大事なパスポートを失くしおったやつがおる!

そいつの名は阿財!!

スポンサーリンク

一本の電話に驚愕

ある日の午後

阿財から一本の電話が。毎週出張行く阿財、ちょくちょく暇ができると電話してきます。

その日も何の用だろうと電話を出たら

「パスポートをなくしました」

ハァッッ!!??←もう一発でこの表情

私「えっ。本当?」

阿財「本当です。お昼ご飯を食べに行ったときにポケットにパスポートを入れて外に出たのですが落としたようです。気づいたらポケットからなくなっていました」

こんのすっとこどっこいが~!

パスポートって大事に何かしらのケースとか入れてバッグに保管して置くもんじゃないの??

それをそのままポケットに入れるなんて!!

ハンカチやティッシュとわけが違うんじゃボケが!!

と言いたくなるのをぐっとこらえました。

そう、誰にでも失敗はあるんです・・・

それに失くした本人が一番ショックで、不便を被るんです。

おまけに阿財は今上海におらず出張中。私が一緒に探せるわけでもなし。

私が騒いだところで阿財のパスポートが出てくるわけでもない・・・

というわけでギャーギャー言いたくなるのをぐっとこらえました。

ま、理性的に考えれば↑のような感じなのですが、一度「何やってんのよ!」と口に出してしまったら、怒りのあまりおそろしいほどの呪いの言葉を吐きそうな自分が怖かったのでこらえました。

いーち、にーい、さーん、しーい、ごー、ろーく・・・

人の心の中の怒りは10秒ゆっくり数えれば大方消失すると何かの本に書いてありました。

必死に自分の心の中の「仏性」を引き出すようにしました・・・。

スポンサーリンク

おり悪く阿財の身分証が故障中

通常、中国人は身分証(IDカード)があってそれで身分を証明します。

画像元

阿財も中国国内の出張であればパスポートの所持は不要です。

ただ今回は違いました。

なぜなら今阿財の身分証の中のICチップが壊れていて修理中なんです。

上海人でない阿財、本来戸籍地へ行って修理するのですが、上海で就業しているので上海から身分証の修理申請ができます。

「へー、戸籍地に行かなくていいの!便利だね!」と思ったものの、その修理期間1か月。長い・・・。

パスポートで身分証明ができるのでかさばるけれどこれでいいね!という感じでした。

阿財の身分証やパスポートがなくて困ってる

豆豆の通行証が申請できない

本当は六斤の夏休みに合わせて日本に一時帰国を予定しているのですが、目下阿財の身分証がないと豆豆の通行証が作れずストップしているんです。

日中二重国籍者が持つ「通行証」の使い方
中国では二重国籍は不可なのですが、二重国籍扱いになっている豆豆。 日本へ帰るために(中国を出国するため)はパスポートの他に通行
通行証の初回の申請は中国人親の戸籍地へ行く必要があるのですが、2回目以降は就業地の上海でもOK。

おかげさまで私たちの一時帰国の飛行機チケットも取れてません。

有効な通行証がなくても飛行機チケットの購入は可能ですが、通行証の申請を済まさないと落ち着かないので買ってません。

もっと直近では帰省に支障が出そうな感じ

近々義父の法要の為、阿財の故郷へ帰るのですが

帰省の列車のチケット、阿財の分はパスポートで購入しているため、チケット交換の際には阿財のパスポートが必要なんです。

身分証が壊れたうえ、パスポートをなくすなんて・・・

なんちゅーこったい・・・

日本のビザは!?

国外出張も多い阿財、パスポートには色んな国のビザが貼ってあります。

その中には日本のものも。

予定していた日本の一時帰国、子連れ&大荷物での移動が不便なため阿財にも同行してもらうつもりでいました。

阿財のパスポートの再発行をするにしても、日本への入国はどうなるんだ。

ものすごい煩雑な手続きが必要なんじゃなかろうか・・・

心配になったので上海の日本総領事館に問い合わせたところ、手続きの流れを教えてくれました。

まず、日本の在留カードが無事であるなら問題は大きくなかったです。在留カードは家に置いてあって無事でした。

私はてっきりパスポートにビザが貼り付けてあると思ったのですが、今特にビザの類は今は貼付されていないそうです。(※阿財は日本の永住権所持)

パスポートに記録があるのは日本の「再入国許可」なんだそうで、日本の入管へ誰か行ってもらって「再入国許可期間証明」を取り、①証明の原本、②新パスポート、③在留カードで日本へは入国できるんだそうです。その後特に入管に申請は不要で、以降証明なしで出入国可能とのこと。

はぁ・・・想像したよりずっと簡単な手続きだったわ。

とりあえずはホッとした。

詳しく聞くため、日本の入管へも問い合わせて申請の必要書類等確認しました。

さぁ、これからどないするの??

現在まだ出張中の阿財、飛行機や鉄道の移動には警察発行のパスポート紛失証明とICチップが壊れている身分証でなんとかなるんだそう。

でも国外に出るのは新パスポートが必要です。阿財は上海で就業しているため、上海からでも申請可能とのことですが、身分証の修理みたいに1か月くらいかかるんだったら困りもの。

調べたら戸籍地に帰って申請した場合、通常10営業日、急ぎの申請の場合は5営業日でできるそうです。

警察の紛失証明で列車のチケット発券ができるなら、今度の帰省時にパスポートの再発行を申請するのが一番早い気も。

また阿財、この帰省時に義母も一緒に上海に連れ帰るべく、4人で取った阿財故郷→上海のチケットの1枚を義母名義に変更も考えていて、もうそれも何が何だかワケワカメ状態っす。

私としてはもう一時帰国まで日が迫っているので、阿財の身分証が治り次第、豆豆の通行証を申請したいのですが、なーんと新身分証を取ったら上海の居住証も再作成しなければいけないそうです。豆豆の通行証申請を上海でする場合、阿財の上海の居住証も必要なわけで・・・もうやだほんと。

やっぱりパスポートをなくすのって大ごとだし、身分証も壊れていてダブルで大ごとだったわ・・・

そもそも身分証が壊れている中、パスポートの保管をこんなにずさんにするなんてもう・・・、もう・・・

あほちゃう??

と言いたくなりもしますが、本人が痛いほどそれは感じていることでしょう(と思ってる。二回あったらただじゃおかない)。

本人が混乱しているので「ねぇあれどうする?」と聞いても「上海に戻ったらゆっくり考える」としか言わないんですよね。もうなるようになれって感じです。アハハ。私たち、予定通り日本に帰れるのかなー。

というわけで

みなさんもパスポートの保管にはくれぐれも気を付けてくださいね!

 
にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら