日本人に生まれて良かった!と日中ハーフ母の気持ち

今年の日本帰省。一番はっちゃけているのは六斤。タイトルの言葉を毎日、幾度となく言います。

日本人に生まれて良かった!

日本生活満喫しまくりです。

学校が楽しい

六斤曰く日本の学校は

給食がおいしい

現地小の給食にはとにかく泣かされていますからね・・・。

宿題が多すぎるとか勉強の進度が早いとかの次元じゃねぇ・・・中国の現地校に失望した件
阿信・・・・怒ってます。 むちゃくちゃ怒ってます。 もうこのことで日本に帰りたい!と思うまでになっちゃいました。 尾を

新学期に弁当持ち込みにしたいと担任の先生に話してもそれすら却下。担任は児童の健康よりも自分の保身が大事か、とメッセージやり取り後ガックリ。

現地校に通わせている他の親御さんの話を聞いても弁当持ち込みまで不可な例はないそうで・・・他の人からもびっくりされます。

六斤から現地校の悲惨な給食の実態を聞いた体験入学先の子供たちも「えーレタスにカタツムリ!?」「ご飯がベチャベチャ!?」「肉がない??」と震え上がってます。笑

先生・生徒の言動が丁寧

六斤の通う体験入学先は名前は男女問わず「さん」づけ。児童は校内では基本的に「です・ます」調で話します。

「ちょっとどいてくれませんか」。子供同士の会話でもこんなに丁寧な言い方するなんて~。と六斤感動。

そして校長先生含め先生が児童に優しい。六斤学校の校長先生は児童が寄ってきても「騒がないように」という態度だそうですが、体験入学先ではお昼休みに児童と遊ぶ校長先生を見て六斤びっくり。

日本の校長先生はあんなことまでするの!?と。

先生方も担任の先生含め丁寧に応対してくれます。児童数が少ないということもあり、きめ細やかな対応ができているんだと思います。

休み時間にしっかり遊べる

現地校にも休み時間はあります。ただ、一番長い昼休みの時間はほぼ小テスト、授業中にやった小テストの直し(直し終わらないと居残り)、宿題を先にする、などで子供同士の遊びの時間は少ないです。

その点日本の学校は昼休みもたっぷり遊べます。

家族だんらん&家の手伝いをする時間がある

六斤、上海現地校で毎日どっさり出る宿題をこなし、下校後宿題塾に直行の為に帰宅は毎晩20時頃。夕食は宿題塾で食べます。

日本の学校では毎日宿題が出るものの、30分あれば終了。家族みんなで夕飯の食卓を囲めます。

更に、私がいたずらミンミンを私が自室で見ている(キッチンにミンミンが来ると棚明けたりお菓子出して食べたがったり大変・・・。)間、六斤はじいちゃんばあちゃんと夕飯作りの手伝いをします。料理好きな六斤、夕飯時は「これ六斤が作ったんだよ!」「ねぇ、ママおいしい?」と聞いてきて楽しい食卓です。

こんな会話、上海での生活ではないね・・・平日はまず無理・・・。

お菓子が安い&美味い

日本のお菓子、安くておいしい。今は夏なのでアイスをよく食べていますが、スーパーでどっさり買い込んでも数日でなくなります。六斤はともかくしっかり中年体型の私にはヤバイ・・・

しょっぱいお菓子大好きな六斤。スナック菓子もそうですが、おかき・あられの類も好き。そういうお菓子はなかなか中国では食べないですね・・・。

米が美味い

六斤、日本の炊き立ての米サイコー!だそうです。特に兼業農家の実家で食べている米は自家製なものでおいしさもひとしお。2杯食べる日も少なくない。

またコンビニおにぎりも「信じられないくらい美味しい」そうで、コンビニに寄る度(というかミンミンが言語療法受ける部屋がコンビニの先なもので 笑)、毎回毎回ねだられています。六斤のお気に入りは明太子おにぎり。

サービスがいい

9歳にもなると周りの環境にも気付いてきますね。六斤、日本のお店のサービスがとかく丁寧であることを発見しました。

印象的なのが(校内の児童の例と同じですが)、店員がお客さんに「すみません、前通りますので・・・」とお客さんの私たち言った事。中国だったら一番簡単で「エイ!(ちょっと~)」「通るよ!」ですものね。帰りの車で六斤「日本の店員さんすごいよ」としきりに話していました。

その事があって以来、六斤買い物するたびに店員の様子をチェック。

日本のサービスは丁寧ですごい!気持ちがいい!と絶賛。

まぁ、私個人的には日本のサービスはお客がサービス提供側に求め過ぎで気詰まりするのですが。私自身はバイトで接客たくさんしてきたのもあって。普段からレジの人に「お願いします」など丁寧な対応を心がけています。

日本愛が止まらない六斤

というわけで日本愛が止まらない六斤。

大学は絶対日本の大学にする!と意気込み、日本人と結婚する!とまで言っています。

そんなことまで!

まぁ夢見ることは自由なので私も、「そうね~六斤が東大受かったらママもあそこの辺りに住むのが夢だから(東京の文京区は私の憧れのエリア)東大近くに一家で引っ越すわ!」と応じ、六斤の夢を大いに膨らませました。笑

日本人親として、娘のこんな姿はとても嬉しい。

日中ハーフの母親としての心配

でもね・・・

大きくなったら六斤も日本のネット見るようになるでしょ。ヤフーニュースのコメントとかネット掲示板とかさ。本屋に行くこともあるよね。中国関連本のコーナーを見たら・・・

そうでなくても日本のワイドショーと混じった報道番組での中国の取り上げられ方とか・・・TVだけじゃない、色んなメディアもそう。

日本の体験入学小学校は六斤の幼稚園時代から児童がそのまま持ち上がりで入学していて付き合いも長いし児童の人数も少ない。体験入学先での歓迎ぶりや楽しさをそのまま他の学校で体験できるわけではないし。大学へ行ったりそれこそアルバイトして多くの日本人の中国への見方を知ったら・・・

どうなんだろう。六斤の今の無邪気な日本への憧れの気持ちは・・・

と母親としては心配になるんです。

「色んな考えの人いるよね」とそこらへん乗り越えられたら楽だと思うんですけれどね。これも六斤の成長に伴って折々伝えて行こうと思っている事です。

ブドウサンプルBOX応募まだの人はしてね!

昨年上海で一大ブームを引き起こした最高に美味しいブドウが今年も発売開始!上海在住者限定でサンプルBOXプレゼントやっています。

まだの方はこの機会にどうぞ~。ほんとにびっくりするくらい美味しいですよ。

詳しくはこちら↓

今年も例のブドウの予約受付開始!今年のキャンペーンはすごい!
昨夏、上海在住日本人の間で大人気を博したブドウをあなたは御存知だろうか・・・。 まさか私の書いたブログの反響があんなにあるとは

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら

『日本人に生まれて良かった!と日中ハーフ母の気持ち』へのコメント

  1. 名前:ree 投稿日:2018/08/06(月) 23:27:45 ID:8e216c33b 返信

    六斤ちゃんの気持ち、娘もですよ~。
    兎に角パスタと果物がおいしい、店員の態度がいい、などなど。
    でも、年配が意地悪、じろじろ見られて嫌、ってのもありますけどね(笑)。

    うっそ・・・↓アイさん、やってくれますね~。
    言っても無駄ってあり得ない!!