現アイ(中国人お手伝いさん)と最後の攻防。予想外の展開だった - Axin(あしん)の日々徒然

現アイ(中国人お手伝いさん)と最後の攻防。予想外の展開だった

話しましたよ・・・

私今、つかれてます。

つかれたー・・・・

自分を楽にするために雇ったアイにこんなに心悩まされるなんて思いもしませんでした。

我が家に癒着しちゃったアイはやめさせるのが大変

そしてクビにするのがこんなに難しいなんて!

これはひとえに私がアイに良くし過ぎたからだと思うんですけれどね・・・自業自得。

朝にアイと核心的な話をして、

現アイに話しました。3つの条件。でもこれもまだまだ甘かった・・・
続く我が家のアイ問題。 ついに最終局面へ入ろうかとしているところです。 阿財ついに帰宅 昨晩阿財、ようやく帰宅しました。 え

午後にまたアイやってきました。

豆豆を見て「ハ~イ♪」といつもの笑顔。

ああ・・・つらい。こんなに豆豆を可愛がってくれているのに・・・

辞めさせなきゃいけないなんて。

でも辞めさせないと我が家もたかられる一方だわ。

アイ、キッチンで洗いものしたら洗濯物をサンルームに持ってきて干そうとしました。

さあ、第二ラウンド開始

私は開口一番「今朝の話だけど・・・」

アイ「うん。何?」

私「あの条件、どう?」

アイ「春節(旧正月)の時にはお年玉なしって言ったでしょ。」

私「うん。あげるかどうかは私が決める」

アイ「お年玉はなくてもいい。でも春節月は仕事の時間にきっかりにお給料渡すのはちょっときつい。私も故郷に帰ったりするし。」

あれ。夏休みの話は実働払いとしたけれど、春節もそうか。10日くらい休みがあるな。お正月はまぁいっか。

私「それ言われて今初めて気づいた。お正月の月はいいよ。」

アイ「なら3つの条件全部飲むわ。それでいい」

キター

来た来た!

一番恐れていた回答だ。

私「え、いいの?」

アイ「この話ってさ。あなた『旦那さんから聞いた』って違うでしょ。あなたが中国人の友人たちと話して分かったんでしょ。」

私「え?夫ともこの話してるよ。」

アイ「友達に色々言われて疑問持ったんでしょ。」

私「だから何?今まで私は知らな過ぎたの。これからは普通の状態にしたいだけ。」

アイ「じゃあ、3つの条件飲んだんだからもういいでしょ?」

それは困る!

3条件飲んだって問題が全解決するわけじゃない

3つの条件だけで現アイの問題が全て解決できるわけじゃない。

市場のお金ごまかし問題とか、私の微信表示名を「小日本人」ってしてたり、掃除もうまくないし、すぐ早く帰りたがるし、そして仕事がなぁなぁでずうずうしくなってしまった。

でもそんな話をここで持ちだしたら喧嘩になる。

豆豆を抱っこする手に力が入りました。念のため、豆豆をアイの近くに寄せないように気を付けました。

私「ちょっと考えさせてもらえない?アイを雇うも雇わないも雇い主の自由よね?」

アイ「そうよ。」

と洗濯物を取り込むアイ。

私「もう今日は帰っていいよ。ちょっと続けるかどうか考えさせて。」

え?何その逆ギレ展開

アイ「そうなの?分かった。」

とアイ手を止めました。

そして、思ってもみなかったことを言い出したんです。

アイ「私はあなたの言う3つの条件を飲むと言っているのに、あなた何でまだそんな態度なの?

ちょっとそれひどくない?」

はぁっ!?

どこの誰ががひどいって??

わーたーしー????

私「この条件って中国人の家庭では一般的なんでしょ。私はただ正常に戻しただけ。」

アイ「じゃあ、ほかにどこに問題があるっていうのよ!」

なにこの逆ギレ展開!

それにその他の理由なんて言えねーよ!!言えるわけねーよ!

だんまりしちゃいました。

だってね、もうこんな話、中国語でするんですよ。

私にはハードル高い。

うまく言えるわけない。

更に私は同意していたと迫るアイ。そして最後はカネか・・・。

私「今までがちょっとおかしかった。」

アイ「でもそれはあなた合意してたよね?」

私「相場やら実態を知らなくていいよと言ってたの!」

アイ「もう一度言うけど、私たち話し合ってこの給料の額やお年玉、条件にしたんだよ!」

私「だから以前の事はもういいって言ってるじゃん!とにかく、ちょっと時間をおこう。」

アイ「明日は来なくていいの?」

私「うん。来なくていい。あとカギとカードキー返して。」

アイ「じゃあ辞めさせるのと同じね!今月のお給料は?」

キター

ちゃんと用意しときましたよ・・・

本来ならば1200元のところ、1500元で!

私「用意してある」

アイ「辞めろってことじゃないの。」

お給料を渡しました。

カギとカードキーを返してもらいました。やっとホッとしました・・・。

そして更にええー??展開

アイ「この中身、いくら入ってるの?」

私「1500元。ちょっと多いよ。本当は1200元なんだけれど。」

アイ「私は3年もこの家で働いたのに!こんなによくしたのに!これだけ??」

なにこの展開!これっまでさんざんたかってむしり取ってまだそんなこと言うの!!??

ここで私の頭の中、何かが切れました。

「何?足りないって言いたいわけ?足りないと思うなら私の夫と話してくれる?」とめっちゃ強い口調で返しました。

アイ「そうね!あなたの夫と話すわ!

大体何なのよ、3年もこんなに尽くしてきた私をこんな風にやめさせて・・・

あなた覚えてる?あなたの義父母がここに来た時だって食材いつもよりたくさん買って、栄養がつくもの作ってあげたし・・・

ウンヌンカンンウン

あの時も私はこうでそれなのにあなたは・・・

ナントカカントカ

私はあなたにこんなに協力してきたのに!!六斤も豆豆も精一杯かわいがってきたわよ!

カクカクシカジカ

・・・・・・

・・・

・」

何も聞きたくない。この人の言う事聞きたくない。

私、意識を飛ばしました。

そうね・・・私こんなお花畑行きたいな。フフフ・・・フフフ・・・

アイ「・・・・ねえ!聞いてるの?

私「ごめん、全然わからない」

アイ「話にならないわ!」

こうして現アイ出て行きました。

・・・・・

なんちゅーこったい。しっかり修羅場になっちまったわ!

アイは去り、迫りくる罪悪感。アイとの楽しい思い出・・・

なにこのすごいまずい別れ方。

そして私に襲い来る罪悪感。そして洗濯ものもまだ干してもいない、畳んでもいない。豆豆遊んでめちゃくちゃなリビング。これから六斤迎えに行かないと。

たくさん尽くしてくれた。豆豆にとっても優しくしてくれた。友達が我が家に来る時はおいしい食事を作ってくれた。

アイとのいい思い出があったのに。こんな時に出てくるのはアイとのいい思い出とアイのはじける笑顔ばかり。

どうにかいい形で、せめてたまには豆豆の顔を見て「大きくなったねー」とか言える関係くらいで別れたかったのに。

そんな事もできないような別れ方でした。

もっと私に中国語の能力と高いコミュニケーションスキルがあったらきっと、違ったんだろうなぁ・・・・。

確かに私、楽してましたよ・・・六斤の送迎時は家にいてくれたし。これから朝はアイなしだから雨降ったり寒くても豆豆連れて出ないとね。

めっちゃ苦い。

苦いよーーーーー

でもま、別にこれでアイが路頭に迷うわけじゃないしね。他に雇い主がいるんだし。

一度失った信頼って取り戻すのが大変。

私自身にもいい戒めになりました。

来月で中国生活7年になりますが。そのうち3年我が家にいたアイ。

そりゃ、あんな図々しくもなるよね。

アイに頼りすぎていい気にさせてもいけない。アイの言いなりになっちゃいけない。

アイに我が家の主導権を握られちゃいけない。

これから来る新アイとは適度な距離を保ってつきあいます。

みなさまもアイを雇う時はくれぐれもご注意ください。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

こんな記事もどうぞ!

この時点でやめてもらえばよかったのよね・・・

現アイに話しました。3つの条件。でもこれもまだまだ甘かった・・・
続く我が家のアイ問題。 ついに最終局面へ入ろうかとしているところです。 阿財ついに帰宅 昨晩阿財、ようやく帰宅しました。 え

いっちょ復習しとく?そもそもなんでこのアイを雇えなくなったのか

「アイ(お手伝いさん)がストレス」という言葉を聞いた。中国人の頭も悩ますアイ問題
中国生活をより快適におくる上で必要になってくるのがアイ(お手伝いさん)。特に子供が赤ちゃんから幼稚園入園まではそのヘルプが本当に必要な時。来て3年になる我が家のアイに対してここ最近蓄積したモヤモヤが大きくなって悩んでいるのでここに書きます。

中国では「無知はバカ」

疑惑のあるアイ(中国人お手伝いさん)と話をした。今回の事で得た教訓
前回の記事で募ったモヤモヤイライラを整理したので、アイときちんと話をすることにしました。話をした時のアイの反応は?その後の私の対応は?この出来事を経て得た教訓とは?

なんでこんな条件飲んじゃったんだろう・・・そして「あなた同意した!」って今日怒られるし。

アイに渡す「紅包」について。私が犯した大きな間違い
市場の買い物代金ごまかし問題、お給料高すぎ問題に引き続き、我が家のアイが春節時に要求する紅包(お年玉)について調査したところ、大変な事実が判明しました。

この時来てもらったアイには断りの連絡しないとね

3年勤めたアイにやめてもらう計画、着々と進行中
みなさまに「ええーっ」と思われた我が家のアイ(中国人お手伝いさん)問題ですが、その対応、深く静かに進行中です・・・。 正攻法にアイに言って

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら

『現アイ(中国人お手伝いさん)と最後の攻防。予想外の展開だった』へのコメント

  1. 名前:わみ 投稿日:2017/11/10(金) 19:21:50 ID:e4e0a33ab 返信

    阿信さん
    違いますよ、違う違う。
    阿信さんに悪いところなんてなーんにも無い(/ _ ; )
    中国語では「不想吃亏的人」(損をしたく無い人)と言いますが、私も一緒に5年間も働いていた同じチームの中国人の同僚に最後同じことやられました。

    彼女は依願退職でしたが、最後の日何故かチームリーダーだった私が彼女をいじめてたと言われ、不満をありったけ同じように言われて、修羅場で終わりました……チーン。
    (最低限の勤務態度を注意しただけです(^^;))

    周囲の同僚は分かってくれましたが、そりゃ楽しい思い出もいっぱいあったしショックで3ヶ月は辛かったです。が、結局分かり合えない人種ですので尾を引かないようにして下さい。

    結局同僚とは友達にはなれないのかなぁとも思います。

    新しく相性の良いアーイーが見つかることを祈っています!

    • 名前:阿信 投稿日:2017/12/01(金) 18:10:47 ID:0fa2fbf3c 返信

      返信が遅れてしまいすみません!
      わみさんからのコメント、私、当時涙を流して読んでました(マジです)。
      「不想吃亏的人」、こんなことされるとされた相手のダメージはそれはそれは・・・ですね。中国人だったらそういう反応は想定の範囲内なのかもしれませんが、何も心理準備がなかった私にはダメージ大でした。涙
      わみさんもつらかったですね。
      3か月引きずる気持ちもよく分かります!私もコメント読んだ当時はそう思ってました。そしたら翌日にまさかのどんでん返しで。
      今は情もふっきれてます。
      確かに、同僚は友達になれない、アイとも友達になれない・・・なんて。
      どこの国にも関わらず、分かり合えない人はいますよね。もうそういう人に人生の時間を遣ってももったいないので前進あるのみです!
      わみさんにも私にも幸あれ~。

  2. 名前:ree 投稿日:2017/11/11(土) 01:24:20 ID:2950121e9 返信

    お疲れ様です。

    阿信さんの気持ちも分かるけど、罪悪感を感じる必要は全くないです。
    前記事と併せて読んでいて、どっちが立場が上なのか、彼女は勘違いしてますよ。
    こんな別れ方に、ですが、例え阿財さんが話したとしても同じ事になったと思います。

    • 名前:阿信 投稿日:2017/12/01(金) 18:14:12 ID:0fa2fbf3c 返信

      返信が遅れてしまいすみません!

      そうですよね~。ホント、どうして私が「ひどい人」扱いになるんだか・・・おそろしい発想です。
      未だと冷静にそう思えるんですが、当時はアイを失ったショックでいっぱいでした。

      後々思うにつけ、ほんと、あのアイは私をナメてたなーって。
      私から言ってよかったです。阿財からだと本当にアイに丸め込まれそうで。今も我が家で仕事していたかもと思うとゾゾっとします。
      思い出しては苦笑の日々です。

  3. 名前:やまざき 投稿日:2017/11/11(土) 17:07:49 ID:7c17a02db 返信

    お疲れ様でした!!
    実は昨日のブログにコメントしたかったのですが時間が無くて、本日覗いてみたところ話が進んでいて…パワーを送ることが出来ませんでした(笑)
    というのも私も割と最近アイを変えたので、お気持ちよ~くわかります。
    元々普段からいろいろ文句を抱えてても言えない気持ちとか、首にする時に優しさってか自分は嫌われたくないような言い回しをしちゃうとことか。
    うちにも前アイは3年いました、子供もとても可愛がってくれました、子供が生まれたばかりの頃は特にお世話になりました、自分にとっては中国の母のような存在でした…でも!こんなにもアッサリ?!というくらい縁は切れましたよ…
    罪悪感や申し訳ない気持ちもしばらく引きずっていました…
    しかしあちらは長年アイをやってるんですから、こんなの慣れっこ、らしいですよ?
    そんな折、私がたまたまいないタイミングで鍵を返しに来たんですが、いなかったので掃除機も持って帰っちゃいました。。
    正直うちのではなかったのですが、大家のだと思っていたのでちょっとビックリ…アイは自分のだと主張したそうです。
    それはいいとしても留守中に勝手に入ったのが嫌でしたね…ほかの被害などはわかりません、ないと思いますがまわりには心配されます。
    そんな後味が悪い最後で3年もの付き合いが終わってしまいました。
    今は新しいアイとまた楽しくやってますよ。
    阿信さんの傷もすぐ癒えると思います!
    それより小日本人に結構カチン…
    ホントに馬鹿にしてくれますね??!!
    いいカモがまさか反撃してくるとは思わなかったかもしれませんが、3年で被害がすんでむしろ良かったですわ!!!

    • 名前:阿信 投稿日:2017/12/01(金) 18:22:10 ID:0fa2fbf3c 返信

      返信が遅れてしまいすみません!

      大丈夫です~。なぜかしらパワーが沸いて辞めさせることができました。笑
      やまざきさんもアイを換えたのですね。

      >いろいろ文句を抱えてても言えない気持ちとか、首にする時に優しさってか自分は嫌われたくないような言い回しをしちゃう

      ああ~もう私、まさに私ですよ!この積み重ねがアイを誤解させ、私ばかりストレスを溜め、家もうまく回せないことになるんですよね・・・。

      3年勤めていたアイだったのですね。
      私も前アイには向こうもプロなんだからきっとすっぱり辞めてもらえる、と思っていましたが、ほんと、ああ言えばこう言うで難航しましたね。
      中国式にすっぱりと「明日から来なくていいです。はいお給料。カギ返して」にすればよかったです。
      変に交渉しようとするポーズを見せたから、変にアイに「まだここで勤められるかも」と思わせたのかもしれません。

      掃除機持って帰るってビックリですね。やはりカギを預ける事はリスクをはらみます。その方が便利なのでアイ側もカギが欲しいとか言ってくるんですけれどね。

      小日本人と書かれたことは嫌だったです。「学がないかわいそうな人なんだな」と思うようにしましたが、ここまで長く我が家で働いて来たのにこの呼び方はなーとモヤモヤしました。
      今のアイは妹さんの旦那さんが日本人という事で日本にも一定の配慮をしてくれているように感じます。

      このブログを書いていた当時はこの傷はいつ癒えるのかという気分でしたがもう今は吹っ切れて身軽にやってます♪ これで良かったです!

  4. 名前:ちえ 投稿日:2017/11/11(土) 19:02:24 ID:2beac3754 返信

    初めまして初めまして。
    いつもブログ楽しみにしています。
    私は大学時代中国語学部で、それからずっと20年細々と中国語を学び続けています。
    学生時代には上海にも3ヶ月ほど滞在しました。
    阿信さんのブログで上海の発展っぷりに驚いています。^_^

    今回の件、私もずっと怒りに震えて見ていましたよ!

    上海にいた時、台湾人の駐在員奥様のお家に行った時いたアイさんも、
    日本人駐在員の私の彼のアイさんも、
    代々その会社の駐在員家庭に契約とかでなく、「すごく良いアイだから!」とずっと引き継ぎ引き継ぎで働いているそうで、
    真面目だし仕事はキチンとしていました。
    ものすごい当りのアイさんだったんですね!

    私も「小日本人」が一番NGです。でもその事をアイの無知、無教養かもと許した阿信さんの気持ちはとても理解でき切ないです。
    阿信さん、とても優しいです。

    今回の件は本当に気分も良くないし、心が痛んでいると思います。
    色々なことが上手くいきますよう日本からエールを送ります!

    • 名前:阿信 投稿日:2017/12/01(金) 18:32:26 ID:cb7f287e8 返信

      返信が遅れてしまいすみません!

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      大学時代の専門が中国語とはこれまたうらやましい。私、タイムマシンがあったら中国語学科に入りなおしたいくらいです。
      今の中年の脳みそには中国語の勉強はちょっときつくてですね 笑、できれば頭が柔らかいうちにやりたかったなーって。

      アイについては今回のことで本当にいい人を見つけること、またいいアイでもその後の雇い主の対応次第で変わってしまう事も十分にあると思います。
      私は人を遣う器じゃないと感じました。

      「小日本人」、NGですよね。一般の人から言われたりするのはもう仕方ないと思ってましたが、年単位で我が家で仕事していて私を「小日本人」と呼ぶのは・・・。初めて見た時はショックでした。これまで大した不満を言ってこなかったのですが、これには厳重注意でした。

      エールありがとうございます。その後のアイの夫への暴挙によりもうアイへの後悔とか情は消え去りました。ちえさんはじめ、読者さんからの応援のたまものかな?感謝です。