【2018年】HSK6級対策はこの過去問題集が最高!

2017年の2月にHSK6級を受験して85%の成績で合格(60%で合格ライン)しました。

試験結果は

リスニング 81/100点

読解 94/100点

作文 82/100点

計 257/300点

です。日本人は読解は点が取りやすいとは言われていますが、あの病句探し文法問題を制しての94点!と非常に嬉しかったです。

詳細はコチラ

ついにHSK6級の成績が出た
ここ数日そわそわしてました。 2月12日にHSK(漢語水平考試)を受験したのですが その結果が今日発表なのです。 15日で成績

今回の記事では試験直前に入手した対策問題集があまりにも素晴らしかったので紹介します。

スポンサーリンク

HSK6級対策は過去問集が最適

直前対策に使った問題集は過去問集。というよりこれまでのHSKの試験対策、直前、前もって問わず試験対策には過去問しか解いていません。

正確には参考書に手を出して難しさにモチベーションが下がって使いこなさなかった、が正しいのですが。

学習のムダを省く為にも、皆さんも過去問をひたすら解いて高得点合格してしまいしょう!

【私自身の経験から得た教訓】

HSK対策には過去問集が断然お勧め!!

その理由は、

・往々にして参考書の方が実際の問題(過去問)よりも難しい!オリジナル問題がある参考書を使うと問題集によって難易度が実際の問題と異なっている。

・試験本番の問題を簡単に感じさせる狙いから、やたら難しい問題ばかり出す参考書がある。

私は最初にHSK6級の参考書や模擬試験集に手を出し、何が何だかわけが分からず「自習は無理」とあきらめてしまってました。

特にねぇ、対策した人はお分かりと思いますが、あの長時間リスニング終わって入る読解、読解の1発目のあの病句探し(文法的に間違っている文章選択問題)問題、あれがHSK6級合格を目指す人の気持ちをくじくに十分な問題なんですよね・・・。

実は私、HSK6級の前のHSK5級受験の時も「まずは参考書」と参考書を購入して自習していたのですが、やればやるほど「こんなに難しいの?」とドツボにはまってしまい・・・。

結局自力では絶対アカン、もー5級ってばしっかり難しいじゃない!と音を上げて語学学校にHSK5級対策レッスンをお願いしたのですが、そこでは過去問のみ使用でした。そして試しにと過去問を解いたとき「えっ!?本番の問題ってこんなにシンプルなんだ」と驚き、これなら合格も何とかなりそうとやっと感じられたのです。

そして、HSK6級受験の際にも語学学校に数か月間対策で通学(5級とは別の語学学校)したのですが、その時も使用した問題集は過去問のみ中国の語学学校もHSK受験対策には過去問が最適と思っているのです。なので最短でHSK6級合格を目指すのであれば、シンプルに過去問を攻めるのがいいと思います。

語学学校でHSK6級対策が終了し、いざ受験本番に臨む際、もうこれまでの流れから過去問集オンリーでしたね。

過去問を解いておくと、たまーに問題の使いまわしもあるので運がいいと本番で「あれ、これ見覚えがある!」に遭遇するかもしれません。

日本で購入できるHSK6級過去問集はこちらです。2018年秋現在、Amazonではこれが最新版。


私は中国在住なので↓の中国バージョンの過去問集を使用していました。実際に使用したのはこちら。

↑2011年版HSK6級過去問集「新汉语水平考试真题集HSK(6级)」のリンク(中国Amazon)

↑2012年版HSK6級過去問集「新汉语水平考试真题集HSK(6级)」のリンク(中国Amazon)

過去問集は中国語で「真题集」。アマゾンで検索すると出てきます。私が初めてHSK6級対策をした時はまだ新HSKが始まって数年だったので過去問データが少なく、それまでで3冊ほど出ていた過去問集を全て解きました。※語学学校で対策講座を3か月間受験。

スポンサーリンク

私がしたHSK6級対策勉強法

HSK6級の一番の難所がリスニングパートが終わった後の最初の問題です。ここさえ攻略できれば他の閲読パートは多くの日本人中国語学習者にとってはさほど難しいものではないのでは?と思えるくらいです。

病句探しとはこのような問題です。A~Dの中で文法的に間違っている文を選択します。計10題。

A 秋天是北京一年中最美好的季节。
B 他是一位有着 30 多年教龄的老教师。
C 做一件事情,只要开始行动,就算获得了一半的成功。
D 婺源是属于南宋著名学者朱熹的故里和中国铁路之父詹天佑的家乡。

リスニング50題終わった後の一発にしてはパンチ力大きいんですよね。笑 ちなみに上の問題の解答はDです。

私が語学学校にHSK対策で通ったのはこの病句問題対策の為と言ってもいいくらい、もう何が何だかの世界でした。

試験資格マニアでさっさとHSK6級を取った人は「60%で合格すればいいんじゃない?もう病句以外全て正解していればいいんだし。」

うーん!確かにそうなんです。けれど、けれど・・・

受けるからには高得点を取りたい!!

そう、HSK6級はその60%合格の基準の為に、「最高級合格でも大したことがない中国語力」と言われるんです!

今やその事態を知っている企業などは求職者に対しHSK6級のスコアの確認をしているとも聞きました。「250点以上取ってこそ本物」という話も聞いたことがあります。なので高得点を目指すことには意味があります。

結果として閲読は94点だったので、3問のみ間違った計算になります。病句問題、完全克服と言ってもいいのではないでしょうか。

何をしたのかと言いますと、病句問題の解説を語学学校で受けたら、それを事細かくメモしておき、帰宅してからノートにそれを書く。病句の文章も書き写して赤青ペンなどで印しながら書きました。

その後、中国語オンラインレッスンのエビ先生にも病句解説をしてもらったのですが、その時のメモも全て書き加えました。

すると問題出題パターンが見えてきたのです。その時は「ああっ!」と思いました。中国語文法の海におぼれているかのようだった病句問題でしたが、数パターンあることが判明したのです。その後病句問題に取り組むと「あ、これだ」と即座に分かるようになりました。

そのノートは受験前までパラパラと見返して意識下へのインプットを図りました。お出かけ先にも持って行き、ちょっとした合間にパラパラと見直しをやっていました。おかげで多くの病句問題の文章まで暗記しました。笑 文法的に間違った文章なので暗記しない方がいいのですが。

試験直前に入手した2016年版過去問解説集がとにかく素晴らしい!!

対策講座終了後に受験を考えるも、中国語オンラインレッスンでお世話になっているエビ先生からは「今は高得点で合格しないので受験しても意味ない」と言われ、対策勉強は一旦休み。

その後先生から「そろそろ受験してもいいでしょう」と言われ、直前対策をしたのですが、その際最新版の過去問集を一冊やって仕上げに入ろうと思い、入手したのがこれ。
これまでの過去問集とバージョンがちょっと違って解説付きとあります。

↑2016年版HSK6級過去問集「HSK真题解析(6级)」のリンク(中国Amazon)

解説がとにかく詳しい。全問に渡って丁寧な解説が!

開いてびっくり。この過去問題集、これまでの過去問集と全く違っていました。

最初に6級問題パート毎の解説があるのですが、これが実に細かい。
リスニングでは最初に話すことを聞きこぼすな、集中力を切らすな、など試験テクニック的な話が満載。
こんな話を公式解説本に書いていいのか・・・と笑っちゃうほどでした。

過去問についてはリスニング・閲読全問に渡って解説がついているのです!

もう一度言いますが全問ですよ、全問!

上の話でも書きましたが、6級の難所として挙げられるのが閲読パートの最初の文法問題。
4つの文章のうち、間違っている箇所(病句)がある文章を解答せよという問題なのですが「全問捨てても他が合っていれば合格ラインだ」という言葉を聞くくらい、対策初心者には難しい。
それが実に事細かに、分かりやすく解説されているのです!これ、解説をまとめたら6級の病句出題パターン集ができるくらいです。ああ~この問題集に出会っていれば私の人生変わっていた!と思うくらいの衝撃でした 笑

これまでの過去問集はただ解答が記載されているだけで理由が明記されておらず自習が非常に難しかったのですがこれは違います。

また一般の過去問集や参考書も触れない最後の要約作文もモデル解答があったと思います。

私がこの問題集を手に取った時は既に過去問を解いて解答率が8~9割のレベルになっていて大方正答は予測できていたのですが、私が初めて対策をした時にこのバージョンの過去問集があればかなり状況が違っていたと感じるほどです。

この問題集があれば自習でHSK対策できます!このバージョンで今後も過去問の版を重ねていって数冊になれば理想的。この本が出回れば語学学校とか経営危機になるんじゃないかと心配になるくらいです。

リスニングの音源はQRコードで読み込み

この過去問集、リスニング問題も記載されていますがCDは添付されていません。
問題横のQRコードをスマホで読み込むと音声が再生されます。
こんなところも時代が進んでいることを感じさせる過去問集でした。

本当は問題集の中身を写真で撮って紹介したいのですが、この問題集の優秀ぶりがうれしくてHSK対策する友人に差し上げてしまい、手元にありません。

だから作文の解答があったか記憶があいまい・・・でもこちら本当にいい過去問集ですので!オススメです。

しかし悲しいことにこの過去問集は日本で売っていない模様。もし欲しければトップページにある「阿信にメールを送る」からメールください。購入代行しますよ!サクサクっと対策して最短でHSK合格しちゃいましょう。

この参考書を日本まで送る際にかかる費用は?

ちなみに、1か月ほど待てるのであれば、日本在住であっても直接中国アマゾンで購入し日本の送付先へ送付することができます。送料は本一冊当たり100元かかります。参考書は64元ですので合計金額164元(2,788円)で日本まで届きます。時々参考書の送付依頼で問い合わせをいただきますが、私は最初にこちらの方法をお伝えしています。

また先日急ぎで参考書を必要な方がおり、当方で購入し、最も料金が高いものの最短の日数で届くEMSで送付しましたが、その際の金額は参考書が63.2元(1,074円)、中国アマゾンから我が家への送料は無料。EMSの料金が168元(2,856円。送料+専用封筒9元)でした。合計3,930円です。
※実際に当方で購入、発送代行をする場合は実費に加え、手数料をいただいています。ご了承ください。

上記参考までに・・・。

HSKの過去問一回分ダウンロードできるサイトを紹介

「HSKの過去問がいいと言うけれど、どんなレベルなんだろう??そもそもHSKの問題って??」とお思いのアナタ!

HSKの公式HPにて過去問ダウンロードが可能です。

こちらのHPへ行き、スクロールして样卷类へ。HSK六级真题与答案下载(第一套)  

听力音频文件(リスニング音源)もあります。

試しに解いてみて感触を試してみてもいいですね。

皆様のHSK6級の合格をお祈りしています。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

こんな記事もどうぞ!

ついにHSK6級の成績が出た
ここ数日そわそわしてました。 2月12日にHSK(漢語水平考試)を受験したのですが その結果が今日発表なのです。 15日で成績

ここ最近で3本の指に入る嬉しかった事!私の体験談があのエビ先生のHPに掲載されました
私の尊敬する中国語の先生、エビ先生。先生のレッスンを受けて早数年になります。 エビ先生は狭い狭い中国語学習者界隈ではつと有名なお方。ご本人

現役中国語通訳がお勧めする辞書を衝動買い
楽しみにしていたものが到着

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら