思わず駆け寄る美しさ - 老同志は中国人

思わず駆け寄る美しさ

中国清明節3連休(日曜込)の中日。今日もいい天気~。

※そして土曜日はあのイヤーな「調休(振替出勤・登校日)」で平日扱いでした。4連休でいいじゃん~。

昨日の我が家、阿財出張で不在だったものの、

現在桜満開中の上海。あー、桜が見たい。と思い六斤&豆豆連れて外へ。

でも我が家から桜が見れる公園へ行くにはバスに乗らなきゃいけない。行けるには行けるけれど、乗り降りとかおむつ替えとか移動とか・・・ああ、ちょっとなぁと思うと根性が足りず結局近所をプラプラ。お昼は日本料理店で定食食べに。

イッツァミラコー。豆豆はベビーカーで寝てくれ、抱っこして席についても起きません。畳に寝かしてご飯、ご飯・・・。

六斤、この店で定食を食べる時のお目当てはとろろご飯。大人一人前のご飯をバクバク食べてました。

食事も終盤に差し掛かったころ、豆豆起床。タイミングよくお昼を食べさせられました。

ウロウロ再開。

パン屋を偵察&買い物。食欲全開豆豆、パンを見て大騒ぎし、クリームパンまるまる一個食べました・・・この子、胃袋大丈夫なんでしょうか。一歳目前にして体重10キロ超えてます。

次に向かったのは工作カフェ。が、行ったら人がおらず。以前六斤の学校が早く終わった時も同様にお店が開いているのに、人がいないという。「もうこことは縁がないね。」とお店を後にしました。

で、また散策を続けていたら・・・

あーーーー

桜だ!

全く予想してなかったのでもうびっくり。これは近寄って見ないとと駆け寄りました。

しかし六斤のテンションが低い。聞くと、花に蜂が集まってきているのが怖いと。確かにブンブン言ってます。

怖がる六斤の横で嬉々として桜を眺め、写真を撮る私・・・。

「桜は日本の国花なのよ~。春のこの季節に咲いてハラハラと散っていく・・・日本の学校の始まりは4月で、学校には桜の樹が植えてある。入学するとき生徒たちはこの桜の花を見るのよ。」と普段中国の教育にどっぷり浸かっている六斤に話してきかせました。

あまり感慨はなさそうでした。ハチのせいだ。

六斤や豆豆、私も桜をバックに写真を撮り、桜の花の下で腰掛け(ベンチがある)、一旦桜から離れるも「もう一回、いい?」とまた桜の木の下をウロウロ・・・

やはり桜を見ないと春が来た感じがしない。たっぷり鑑賞させてもらったところで帰路についたのでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

◆上海お花見スポット◆

顧村公園:一番桜が沢山できれいとの話なものの、最寄り地下鉄駅の改札規制がされるくらい混むらしい。別に入場券も必要らしい。

上海辰山植物園:ソメイヨシノの800mになる並木道が壮観。

同済大学:大島桜メインの桜並木で有名。杨浦区キャンパス。

で、以上が有名スポットであるものの私は行ったことがなく^^;

魯迅公園:地下鉄駅公園最寄り出口がこの季節桜がきれいで「上海一美しい地下鉄駅」と言われてる。ここ私オススメ。以前六斤連れて行きました

市内から気軽に行ける桜スポットでは、復興公園、中山公園、虹橋の三角公園で見られるそうです(しゃんはいさくらさん情報です。ありがとう~)

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら

『思わず駆け寄る美しさ』へのコメント

  1. 名前:ree 投稿日:2017/04/03(月) 22:39:50 ID:94f1fd1b4 返信

    うちもハチがいたら娘がそうなります。
    蜂刺されにアレルギーがあるから余計に!!

    すごーーーーーーーっい!!
    こんなに見事な桜が見れるんですね~。
    いいなぁ。
    羨まし過ぎます。

    • 名前:axin 投稿日:2017/04/05(水) 09:56:32 ID:2ff721309 返信

      あんな手が届かないような高い場所にいるハチが刺すわけないでしょ~とタカをくくっていましたが、そうじゃないかもしれないですね・・・。
      蜂アレルギー持ちですと避難するのが一番だと思います。

      広州に住んでいた時は植生が違って桜は見れなかったんです。
      上海に来たら意外と桜を目にする機会が多くて。この季節結構うれしいです。