ついにHSK6級の成績が出た

ここ数日そわそわしてました。

2月12日にHSK(漢語水平考試)の最上級である、6級を受験したのですが

その結果が今日発表なのです。

2017年に受験しました
スポンサーリンク

15日で成績が出るインターネット受験

インターネット試験での成績発表は試験から15日後。

もう~どうにも待ちきれなくて午前0時きっかりにHPにアクセスしてみてみましたが

HSKの受験申込&成績確認の公式ページはwww.chinesetest.cnです。
※類似サイトが多い(多くが中国語学校の宣伝ページ)ので注意!

ドキドキしながらログインしましたが・・・・

出てない

はー…そっかぁ、と失意のまま寝ました。

翌朝。その日は前回体調不良によりキャンセルした振替でエビ先生の中国語のオンラインレッスンがあったので、その宿題を済ませ・・・

レッスン前にもう一回HSKの結果出てないか見てみよう

と午前9時頃にHPにログインすると

ぎゃー結果が出てる

スポンサーリンク

阿信のHSK6級の成績表を公開!

これまで何度も中国語学習者の先達が上げた成績表を穴が開くほど見てきました。その勇気に敬意を表し私も掲載いたします!

↓HSK公式HP内でHSKの成績はこのように表示されます。

リスニング 81/100点

読解 94/100点

作文 82/100点

計 257/300点

と、85%の出来でした。HSK6級に合否はないそうですが、60%(180点)が合格基準と一応言われており、今回の試験結果は合格ライン以上です。

あー、よかったぁ。合格してた…

リスニングが思ったよりできてなくてちょっと不満ではありますが、まぁまずまずかと思います。試験日前に熱出したからかな。←言い訳

中国語の先生からも褒めてもらいました。

受験すると話していた人たちに合格報告しました。

エビ先生(中国語の先生)から「高得点おめでとうございます!」と言ってもらい、「おお・・・やった」と嬉しくなり、出張のために空港にいた阿財からは「がんばったね」と言われ、じーんと来ました。

後日…
この成績を以て、エビ先生の中国語レッスン体験談をエビ先生のHPに掲載する運びとなりました!ええ?私でいいんですか??えらいこっちゃ!

https://axin.asia/20170719-3/

HSK6級受験を終えて・・・

本当は中国の大学に語学留学してじっくり学びたかった中国語だけれど、いろいろな事情があり、かなわず。語学留学者のゴールもHSK最高級の6級合格なら、結果は同じ事なので万事オーライかと。

HSK最高級の6級取ったって中国語の世界はまだまだ果てしなく深く難しく、何言われているかよく分からずニヤニヤして頷いて終了する事とかももちろんあります。

どういうシチュエーションか、具体的に言うと現地小学校に通う六斤をお迎えに行ってクラスメイトのママさんのお喋りの輪にとりあえず入っている時とか 笑

中国語の資格と言えば!の、中国語検定(中検)の方が日本人には断然知名度あるのですが今正直な感想として、受験する気力知力ともになく・・・。

HSK持っていると日本では何かメリットあるかな。そういえば全国通訳案内士の一次試験はHSK6級で中国語の試験免除です。HSK6級合格の有効期限はなし。一般的に中国の大学入試などではHSKの有効期間は2年間なので、これはいい!

以前もブログに書きましたが、これで中国語の資格の為の勉強は終了!
あとは趣味で中国語の勉強を続ける予定です。なんだかホッとしました。

応援してくれたみなさん、ありがとうございました。

と書きつつ…

【追記】
2019年秋に降ってわいた中国語への勉強モチベーションにより、中検準1級を受験することに決めました。試験日は2020年3月。上海で受験予定です。

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら