上海浦東空港・東方航空ラウンジ | 老同志は中国人

上海浦東空港・東方航空ラウンジ

飛行機に乗ったのは一年ぶり以上でした。最後に乗ったのは2015年8月。

もうね、禁断症状出そうなくらいでしたよ…私は飛行機大好きなんで。
今回の帰省は高鉄(新幹線)でなく飛行機!それだけで帰省のワクワクのギアが一段階アップでした。またマイナー路線というのも私のマニア心をくすぐるんです。←オイオイ
阿財と一緒に飛行機に乗るといい事があるんですよ!
マイルの上級会員なので
チェックインの行列に並ばなくていい。赤じゅうたんがひかれた専用カウンターでチェックインです。
中国のエアラインなら赤ちゃん連れの家族はすぐにファーストクラスのカウンターでチェックインするように手配してくれるんですけどね。こういうところ中国のエアラインは優しい。
搭乗前の安全検査もマイル上級会員&上級搭乗クラス専用レーンがあって楽々。
これも浦東空港は子連れや妊婦、高齢者用専用レーンありますけど。
そして今回の一番のお楽しみ

東方航空のラウンジ〜。

この時の為に朝ごはん抜かして来たんだもんね。さすがに豆豆の朝食は済ませましたが。おっ、子供のプレイルームもある!シャワーもあるの??と私の気分もテアップアップ。エアラインのラウンジに詳しい弟曰く「国内線のラウンジでこのレベルはすごい」と言っていましたが、浦東空港のラウンジは国際線と兼用なんですかね…
この日、ラウンジはかなり混んでました。あいてるソファを見つけまずは六斤にご飯をと思い、阿財に連れて行って貰ったのですがその際、六斤に
「你可以随便拿,都是免费!」
(好きに取っていいんだよ、皆んなタダなんだから!)
と大声で言ってしまい、阿財に苦笑され、私自身もその田舎者丸出しの振る舞いに盛大に笑ってしまいました…。

六斤はフルーツにケーキとやたら乙女チック。こんなんでお腹いっぱいにならないでしょー

阿財が麺を持ってきました。

わーい♪とニコニコしていると
もう搭乗開始するとアナウンスがありました。と阿財
うっそ。と表示板を見ると出発が11時の便なのですが搭乗開始が10時半。
時計を見ると時間は10時20分ちょい過ぎ
…早食いは得意な私、ガガーっと掻きこみ、二人に絶え間ないエールを送ります。

味もなにもあったもんじゃない。

そして搭乗口へ急ぐもマイナー路線ゆえ、端っこ…最後の搭乗で阿財の名前が呼ばれてましたが、阿財例のごとく搭乗直前にトイレ行ってましたよ!

機体は上海航空でした。コードシェア便かな。バス移動でなくてよかった。

中国エアラインでは赤ちゃん連れだと大抵エコノミー一番前の席になります。阿財の席にはスリッパ、ボトルウォーター、枕、ブランケットが置かれていました。阿財曰く「上級会員はいつもこう」なんだとか。離陸時着陸時に客室乗務員から挨拶もありました。

フライト時間は一時間半。豆豆ちょこちょこ愚図りながらもなんとかやり過ごし到着。

ターミナルから見える岩ゴツゴツの山もいつもの眺め。

はー、短かったけどヒコーキ旅楽しかったな〜
と、感慨にふけっている私に弟が「初フライト!」の写メを送ってきました…いつか姉を乗せておくれ。

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら