ドラえもんの秘密道具みたいな時計型ケータイ

六斤の学校のクラスメイトでケータイを持っている子は珍しくないです。

時々クラスメイト親御さんから「今日六斤とうちの子で遊ばせてもいい?」と突然連絡が来る時があるのですが、これは六斤の友達が自分の親に「今日六斤と遊びたい」と電話をかけているからです。

最初すごいびっくりしたものですが、何度かそういう事があると私も慣れてきました。

子どもたちが持っているのはiPhoneもチラホラいますが、多いのが腕時計型。

タオバオで「电话手表」と検索すると出てきます。

そんなある日、六斤の友達が我が家に遊びに来た時「今日買ってもらったばかり!」とこの腕時計型ケータイを六斤の前で使いました。パパやママ、果てはお婆ちゃんに電話・・・

六斤も欲しくて欲しくてたまらなくなり。

私に「ママー、欲しい」と言うも、「お友達が持っているから欲しいの??小学生のケータイなんて早い!」と私は聞きませんでした。

そしたら夜帰宅した阿財に六斤おねだり

六斤にドロ甘激甘阿財

いいですよ^^

うー。というわけで下っ端(私)がタオバオで六斤の腕時計ケータイを探すことに

友達ママに尋ねると「(中国の無料ウイルス対策ソフトの会社)360が出しているもので199元(3,184円)だった」と言うではないですか。

そんなに安いの!

ランニングコストは「キャリアによるけれど、大体月30~40元」(480~640円)1,000円行かないならいいかもと思うように。

操作は親のアプリでして、位置情報も分かり、どういうルートを歩いているのかというデータも分かると。その時お子さんは学校にいる時間だったのですが、私にそのアプリを見せてくれ「こうやって分かる」と教えてくれました。

それで結局360の199元の機種を買いました。

あとは携帯キャリア(中国電信とか联通とかの)の営業所へ行って番号を開設してSIMカードを時計に入れれば電話やGPS機能が使えます。

↑我が家からは联通が近いので联通にしました。私の番号も联通の番号ですし。

この営業所へ行く途中、マンションの公園で六斤の友人に遭遇。

六斤「遊びたい」

私「誰の為に出かけているのよ!一緒に行くよ。」

阿財「いいじゃないですか^^ 遊んだら?」

と近くにいたその友人のお婆ちゃんに「1時間以内には戻るので」と声をかけて

私たちだけで営業所へ・・・え~

阿財「親ばかでいいじゃないですか(*^^*)」

親ばかにもほどがある!!

営業所にて阿財の身分証で联通の契約をし、SIMカードをゲット。営業所の人にSIMを腕時計に入れてもらって電話として使えるようになりました。

今後月々37元(592円)の支払いです。

この電話は登録された番号しか受発信できません。登録はアプリ経由で行います。

↑チャット画面。文字は打てませんが音声録音とスタンプの送受信ができます。

GPS機能は現在地、過去分の足跡追跡、指定された範囲を超えたら親の携帯に警告が来る機能もあり。

他に

・腕時計携帯のリアルタイムでの周囲の音を聞ける機能

・学校の授業時間にマナーモードにする機能

・友達とつながれる機能

などなどあります。

こうして自分の携帯を晴れて持てた六斤、大喜びで学校へ着けて行きました。

当時、六斤は本当によく学校の居残りが多かったので、私は「居残りが決まったら連絡して」と話してました。そしたら15時半に慌てて行かなくていいから 笑

そしたらですよ、その日、六斤は時間通りに出てこず居残りだったばかりか

腕時計を着けていませんでした。

どうしたの?と聞くと

六斤「腕時計は先生が着けちゃダメって」

あれま!

私「あれ、ほかのお友達持ってなかったっけ?」

六斤「あれは隠れて使ってるの。電話をかける時はトイレでかけてるの」

私「あれ?でも〇〇ちゃんは着けているよね?」

六斤「隣のクラスの先生は大丈夫だけれど、うちのクラスの先生はダメ

おお・・・しまった。

その後、六斤、一時期宿題塾(晩託班)に通ったので終わった時の電話連絡用に持たせていましたが、宿題塾に通わせなくなったらもう持って行くことすらなくなり。

他のクラスメイトは親でなくてジジババやアイ(お手伝いさん)が迎えに来る事が多いので親との連絡に携帯を使うことが多いんでしょうね。我が家の送迎はもっぱら親がしていますし、小心者の六斤、学校で絶対に出しちゃいけないと思ったら、学校に持って行くことはなくなりました。

今は学校休みの日の外出時と何人かの友達とのお喋り用で使っています。

普通に腕時計の機能もあるし、朝は天気予報で「傘持って行くこと」とか「雨が降っているよ」とか画面に出るので着けているだけでもいいのかな^^;

阿財に「全然使いこなしてないじゃん」と言うと

「いいじゃないですか!」とあまり気にしてない感じです。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら