私のライフワークがぁーーー

昨年後半からパンを再開し、美形なカンパーニュで終わった2016年パン焼き。有終の美を飾るにふさわしいいいパンだった。

この時の話 →  怒涛のパン焼き(過去ブログ)

↑例の如く人に押しつけるかのように差し上げた押しつけパンの為、味は不明。

新年の3連休にパンを焼こうと小麦粉も2袋買い込んでいたのですが、結局新年休みの間はそんな暇がなく。アイが休みで来ないからね・・・ 笑

思い立ってピザを作ろうと捏ね機に材料を入れたらば・・・

機械が回る音はすれども生地が全然捏ねられてない!

使用している捏ね機について → パン焼き・材料や機械、コツ(過去ブログ)

どういうこと~捏ね釜の中のパン羽根がちゃんとはまっていなかったかなと確認すると

ちゃんとハマっている。捏ね釜外の軸も回っているけれど、軸がパン羽根に噛んでなくて羽が回ってない→生地が捏ねられてないという事態になっていました。

パン羽根を外して観察すると軸にはめるところが摩耗して噛まなくなっていました。

わわわ。どうしよう・・・買ったお店に聞いてみよう。と、タオバオの購入履歴からお店にチャット開始。

「この部品が壊れた」と言うと

部品なら部品専門店があるからそこでどうぞとURLを教えてくれました。

見ると確かに捏ね機を出しているメーカー(小熊)製品の部品だけを売っていました。

「捏ね機」で検索をかけると出てきた!

左上に・・・私が今喉から手が出るほどに欲しいパン羽根が!!

でも表示されている型番が自分の持っている捏ね機と違うのでお店に尋ねると

それ以前にこの部品は欠品でいつ入荷するか未定

ということが判明。ガビーン

しかし聞いておいてよかった。外見だけで判断して購入していたら面倒なことになる。やはり事前確認は大事だ・・・。

欠品だって!他にお店ないの?!と再度販売店に戻って尋ねると

「ほらよ」またもう一軒のお店のURLを送ってきました。

そこは上海のお店で、見るとパン羽根あり、型番も表示と一致しています。

さっきのお店は広東省だけれど、今回紹介されたお店の方が発送も時間がかからなくていいじゃないのー。

お店に連絡して「この在庫ある?」「あるよ」と。

「今買うから今日中に発送して」「いいよ。」と。

やったー!!これで翌日か、遅くとも翌々日には届くぞ!

次またいつ壊れてもいいようにパン羽根は2つ購入。

更に釜ももう1セット購入してパンの製造量UPを図ることに。

でも私の中の手作り欲の炎はまだまだ消えない・・・

なので納豆作ることにしました。その後圧力鍋を購入したので量産体制に入れます 笑

その後とは? → 納豆を作った(過去ブログ)

普通の鍋で大豆を蒸したら2時間でもちょっと硬かったのに、圧力鍋だと15分で柔らかに!圧力鍋すごい

ただいま仕込み中。

あ~、早くパンを作りたい!!

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら