元旦朝も変わらずこれで一日スタート | 老同志は中国人

元旦朝も変わらずこれで一日スタート

新年になりました。2017年のスタートです。

さっそく日めくりカレンダー1枚目。やはりこのカレンダーがないと私は日にちを意識して生きていけない。

元旦の朝、ポンちゃんの散歩からスタートです。犬はお正月も関係なく外でオシッコしますので。

我が家、私が朝型人間、六斤・阿財が朝激弱なので私が朝の散歩担当。

6時~6時半に散歩に出てます。

今朝はそれほど寒くもなくて快適でした。

大晦日の昨晩、我が家阿財の思い付きで外食に出るも

どこのレストランも予約でいっぱい、もしくは私たちの前でちょうど満席

という憂き目に遭い 当たり前ですよねぇ、ほんと。そんな気がしてました。

阿財「最近の人たちは大晦日に外食するんですね。そしてレストランは予約しないと入れないんですね」

まるで10年ぶりに祖国に戻ってきたかのようなアホ発言をし

「その発言の方が私には驚きだよ!あなたここに住んで何年になるのよ!これだったら家でご飯の方がなんぼかましか!」

とお腹も減った私にブーブー文句言われました 笑

仕方ないのでスーパーに寄って食材を買い、帰宅して我が家でご飯。

スーパーに向かう前も「何か欲しいものはありませんか?」「あ、ユニクロがあります。何か服は欲しくないですか?」とやたら私に甲斐甲斐しくしてくるので若干気味悪さを感じました。「おなか減った!すぐにご飯を出すんだ!」と返事しましたけど。急に優しくされても慣れない 笑

その時点で17時半。食材買って家で作ってもご飯を食べるのにそう遅くはならない時間です。

スーパー出てカフェを見つけて「寄りませんか?」「時間ないから寄らない!」

ベーカリーの前で「ケーキがありますよ。一番高いの買いましょう!」

なぬ!

わ~v(´∀`*v) 

と顔がほころぶ超甘党な私。

しまった、怒っていたつもりなのに。ケーキは六斤に選んでもらいました。

その後も雑貨のお店で六斤が「あ!装死兎!」(訳は「死んだふり兎」最近やたらと流行っている)と言えば、「ああ、これが欲しいんですか。はいはい」とさっと買ってあげたり

六斤3匹目ゲット~

糖葫芦のお店で自ら六斤と私にも糖葫芦を買ってきましたよ!

そして帰宅して急ごしらえで夕飯準備。

なんとか形になったのでご飯にしました。

私「来年はもっと早くからお店を予約しないとダメだね・・・」

阿財「そうですよ!一年前からしないとだめです。今日もう予約しましょう。」

・・・(; ̄ェ ̄)

豆豆も加わって家族4人の初めての大晦日だね~。

私「六斤、お姉ちゃん一年生だったけどどうだった?」と聞くと

六斤「六斤チャンは(小学)2年生だよ!」

私「だーかーらーお姉ちゃん1年生・・・」

六斤「ああ、まあまあだね」

とイマイチな返答でした。

食後は楽しみにしていたケーキ

アナと雪の女王のケーキ。何も言わなくてもローソクつけてくれたので

点けて26日の私の誕生日を祝ってもらいました。今週は阿財ずっと出張続きで家にいなかったもんで。

21時近くになって豆豆も眠くなり・・・私は寝かしつけに。

そしてそのまま寝てしまいました。

ハッと起きたら5時半。

うう~阿財と起きて年越ししようと思っていたのに。

聞けば阿財も22時半には寝たとのことでしたが、実に物足りない。

こうなったら春節にリベンジだ。2回お正月気分ができるのは便利です。

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら