日本に戻りました~お初な吉祥航空

ただいま~阿信現在日本に戻ってます。

いつもいつも思いますが、日本ってしっとりしていて、丁寧で、静かで、穏やかですね~。実家が田舎だから尚更そう感じるのだと思いますが。

バスにもWelcome to Japan!福岡空港でヒコーキ降りたらテンション上がりました!わーい、日本にやってきたんだぞーって。

スポンサーリンク

吉祥航空に初めて乗った感想は・・・?

で、ひどく高いお金を払ってお初搭乗だった吉祥航空でしたが、

『ああ~損した!!福岡-上海線に吉祥航空が就航』
今回の日本帰省のチケット、いつもの携程アプリから購入しました。福岡線を探していると・・・いつもの東方航空に中国国際航空。   我が家は東方航空に乗る事が多いで…

今回乗ってきましたよ!

吉祥航空の気になった点

気になるところを挙げて行きますと、搭乗がバスだったというところ。

バス搭乗は近距離国際線ではよくあること。上海福岡線は1時間半のフライトです。

でも、このバスが飛行機の近くまで行くのにやたらと待たせたのが私にはちょっと。※立ってました。

先ほどデジカメの写真の時刻記録を見直していたら、バス乗って飛行機乗り込むまで30分かかっていました。ということは30分立っていたのか・・・

阿信
1時間半のフライトで30分地上にいたのかー

↑吉祥航空の飛行機が駐機している場所が悪いのか、ひっきりなしに通る飛行機が通り過ぎるのをただひたすら待つ。

そしてこの遅れ&搭乗後の管制塔からの離陸許可待ちが影響し、定刻に着いてくれたらギリギリで乗れたフェリーを逃しました。

阿信
離島に実家があるもので、こういう遅延は痛い・・・

飛行機好きなので飛行機を間近に見られるバス搭乗自体は何気に好き。

吉祥航空の良かった点

一方良かったところは、

中国エアにしてはサービスが割とよかった、というところでして。

読書していたら、サッと読書灯を点けてくれた。

子供には童話の絵本をプレゼントしてくれた。

全ての座席にクッションが用意されていた。

そういうところが私の心を和ませてくれました。

吉祥航空の機内

↑機内は3-3のシート配置でパープルを基調とした内装。

10列目から前はほぼ人がおらず、それ以降は3列ぎっしり座る、という謎の旅客配置でした。行時間が短いのでみんなどうでもいいのでしょうね、特に離陸後席を移動する、という行動に出る人はいませんでした。みなさん、手荷物多くて上の棚に入れますしね。

吉祥航空の機内食

機内食ですがトレーもなく、アルミ皿一個でした。シンプル イズ ザ ベスト的な。

チケットが同じような価格の東方航空だってトレー位は出すよなぁ、と。思いましたが・・・。味はまぁまぁでした。

『回娘家了』
只今日本にいるわけですが・・・上海から九州へは本当にあっという間ですね。広州へ行くよりも早い。昨冬の広州からとは全く違った帰省でした。飛行時間はスケジュール上…

でもライスか麺かでチョイスできたのはまだいい方なのかな。東方航空でしたら上海→福岡はいつもこれ一本!のパニーニですから。

上海-福岡間は、国際線の中でも非常に短い、たった1時間半のフライトです。同じ飛行時間の日本の国内線、例えば羽田福岡線は機内食出ません。それを考えるとこの路線の機内食、出るだけラッキー。

飲み物は各種取り揃えていました。六斤がヤマモモジュースを飲みたいと言い出し、それをチョイスしましたが、私の脳裏にはしっかりあのエピソードが~。

『無害とは分かるけれど・・・Myブラックリスト入り!ヤマモモ』
こちらのブログ本文は本家ブログ「老同志は中国人 in 上海Ⅱ」へ移動しました。 記事リンク 無害とは分かるけれど・・・Myブラックリスト入り!ヤマモモ 

機内食を食べるころには窓際に座っていた上海人のおばさんとも話をし、

今回日本初訪問の彼女に私が中国から日本に戻る時の機内のお約束、外国人用の入国カードや税関申告書の記入方法を教えたりしました。

※私はほぼ毎回日本行きの便で外国人用の入国カードを渡されます。

『CAN→HKG→TPE→FUK~その5』
当初の予定では2か3位で終わりにする予定がその5まで行ってしまい・・・話が長くてすみません (iДi) 台北出れば福岡なのでこれでおしまいです。台北からの機内…

私の特徴として人や環境にすぐになじむ、というのがあるのですが、

今回税関申告書を私の分、おばさんの分と2枚受け取ろうとしたら「税関申告書はひと家族1枚ですよ!」と言われ、

「えっと、この人は家族ではありません。」という一幕も。そんなに和気あいあいとしていたのでしょうか。私の特徴、いかんなく発揮されています。笑

機内で頂いた絵本が今の六斤にぴったりのピンイン付きの童話でしたので、六斤はよく読んでいましたよ。

普段あまり私は中国語の読み書きは教えていないので、ちょうどよかったです。

総合的な満足度はよかったです。

遅れがありましたが、合計40分の遅れ位はまだいい方。次回吉祥航空に乗りますか?と聞かれたら、また乗ります。今度はぜひ自社HPから予約してお得なチケットで乗りたいです。笑

この時の反省をフルにいかして、両親を上海に呼んだときは吉祥航空自社HPからしっかり予約しました。なんと片道300元(4800円)という超絶破格値。「こんなに安くして大丈夫なのかな」ともこの時思ったのですが・・・
2017年現在、吉祥航空は上海福岡線から撤退しています。大阪や名古屋、北海道、沖縄への路線は運行中。
スポンサーリンク

飛行機の後は高速船

で、その後は高速船に乗り、

↑高速船でもしっかり救命胴衣や避難経路の説明ビデオが流れます。

高速船に乗ること1時間。こうして実家のある離島に無事帰宅したのでした。写真にはそんな感じに写っていませんが、到着時はもう横殴りの雨がざんざん降っている大雨でした。

家の中は雨は関係なし。巨大きゅうりにおおはしゃぎの六斤でした。

明日は幼稚園の入園手続に奔走します~。

一時帰国の必須アイテム。高速WiFiルーター

一時帰国の時に必須なのがWiFiルーター。LINEやWechatといったチャットアプリの普及で日本の携帯電話がなくてもとりあえずネットさえ確保しておけば、家族や友人と連絡を取ることができます。

レンタルWiFiを決めるときのポイントは何と言っても「データ量が無制限」かどうか。容量気にせず中国の家族とビデオチャットを楽しめますよ!またYou tubeなどの動画もたくさん楽しめますし。

我が家もそうですが、一か月といった長期に渡って一時帰国となると気になるのがお値段。↓のプランですと、実質日額216円とお手頃価格。これなら気軽に借りれそうです。

「なんで中国で借りれるプランもあるのにあえて日本受け取り日本返却なの?」という疑問もわくかと思いますが、中国の空港での受け取りって我が家の様にいつも時間ギリギリで行動する人間には結構ツライんです。また、中国の空港での返却ですが、「ようやく到着した~さて帰りのタクシーの列に並ぼう」という時に返却しなきゃいけないのはちょっと手間・・・。

また阿信は過去にデポジットを返金されないトラブルにも遭っていてそういう交渉に骨が折れました。中国語ですし。日本で借りて日本で返却の方が楽ですよ!

また万一ですよ・・・使えなかった時の対応についても日本にある会社なので代替機の用意もすぐに手配できるでしょうし。

そういうわけで阿信はもっぱら日本国内でWiFiルーターをレンタルしてます。

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ

スポンサーリンク

この記事のシェアはこちら

ブログのSNSフォロー、RSS登録はこちら